一般歯科、歯周病、顎関節症の治療・ご相談は 横浜市旭区鶴ヶ峰の歯科 大橋歯科へ

顎関節症治療

顎関節症の治療法

スプリント治療

関節症の治療で、一般的に行われるものにスプリント治療があります。
これは、顎関節症の全般的症状改善に有効で、上顎が下顎のどちらかに
スプリントと呼ばれる装置を入れるのです。

スプリント

スプリントを使うときのポイント

装着の原則は寝るときだけです

スプリントの目的は、筋の緊張を減らすとともに、
睡眠時の歯ぎしりやくいしばりの軽減にあたります。
したがって、装着するのは夜寝るときだけに限定してください。
日中の使用や長期間の使用は、歯科医師の指示にしたがってください。

つねに清潔にしておきます

スプリントは口の中にいれるものですから、使用後は水洗いして常に
きれいにしておきます。熱湯につけると変形しますから注意しましょう。
使用しないときは、水につけて保管しましょう。

装着したまま物を食べない

スプリントを装着したままでの飲食はできません。飲食を行う場合には、必ず外してください。

※スプリントを装着する際には、必ず担当の歯科医師から使い方の注意をお聞きください。

このページのトップへ
55

Copyright 2012 横浜市旭区鶴ヶ峰│大橋歯科医院 All Rights Reserved.

オンラインお問い合わせ