一般歯科、歯周病、顎関節症の治療・ご相談は 横浜市旭区鶴ヶ峰の歯科 大橋歯科へ

顎関節症治療

顎関節症のセルフケア

関節症の多くは、その病気の性質として安静にしていれば治っていく
病気です。
したがって、顎関節や周囲の筋に痛みがあるときには、まずセルフケアから
治療を始めましょう。

1.顎の安静を保ちます

顎の安静を保つ

軟らかい食事にしましょう

痛みが強い場合には、スープ、柔らかめのご飯、卵、ヨーグルトなど軟らかい食べ物に限定してみましょう。とくに長い間噛まなくてはいけないものは避けましょう。

顎をリラックスさせましょう

日中にくいしばりをしないように顎の力を抜き、
いつも上下の歯を離しておきましょう。
くいしばっているのに気がついたら、
ハミングするのも効果的です。

2.大きな開口は避けます

大きな開口は避ける

あくびの力をコントロールしたり、食事中や会話での大開口は避けましょう。

3.温湿布します

温湿布

何となく痛みがあり、時と場合により痛みが増す
場合には温湿布を行います。
痛みのある患部に1日数回、1回あたり20分間お湯で温めたタオルをあてがいます。
ただし、もし痛みが増すようでしたら、直ちに中止します。
痛みが強く、熱をもった感じのある場合には、
冷湿布をすることもあります。

4.筋肉へのマッサージをします

筋肉へのマッサージ

頬の部分のだるさや、口を開けたときの痛みやつっぱり感があるときには、頬の筋肉をマッサージしてみましょう。
側頭部や、後頭部、肩のマッサージも有効です。
血行が良くなり、痛みが軽減します。温湿布の後や
入浴後が効果的です。

5.よい姿勢を保ちます

温湿よい姿勢を保つ

頭をもちあげて背中を伸ばすようにします。椅子に座るときは、腰を深くかけ背中を伸ばすようにします。このとき、腰の上あたりに小さな枕やタオルを巻いてあてがうと、長時間の座りでも楽になります。

6.仰向けか横向きで寝ます

仰向け寝

顎関節や首の筋肉に負担をかけないように、仰向けか横向きで休み、うつ伏せ寝は避けます。
枕は低いもので、主に首の部分を支えるようにします。
枕は低いものを

7.開口練習をします

開口練習

症状に応じて、歯科医師の指示にしたがって開口練習をします。

その他、過度のストレスは避けるなど、さまざまなセルフケアがありますが、
担当の歯科医師と相談のうえ、ご自身に合ったセルフケアで症状の改善を
図って下さい。

このページのトップへ
55

Copyright 2012 横浜市旭区鶴ヶ峰│大橋歯科医院 All Rights Reserved.

オンラインお問い合わせ