一般歯科、歯周病、顎関節症の治療・ご相談は 横浜市旭区鶴ヶ峰の歯科 大橋歯科へ

歯周病治療

歯周病の治療法

綿密な検査を行って、歯周病の実態をつかみ、原因を明確にし除去していく
原因除去療法が基本です。
初診時には、プラークの付着状態、ポケットの深さ、歯槽骨の吸収程度、
歯の動揺、歯肉の炎症状態、咬合状態を診査します。
それをもとに診査結果、処置内容を具体的にお話し、治療に対し理解と同意が得られた方のみ治療を開始します。(無理に治療は致しません)

周病は長い年月を経て進行しているため、治療には少し時間がかかり、
患者さん自身の磨く自覚により治癒が左右します。
歯周病は、歯周初期治療で約85%治ります
(ご自身の日頃のお手入れが大切です)

治療の流れ

歯周初期治療は、1週間に1回の通院で3〜4ヶ月をメドにしています。

歯周病治療の流れ

歯肉炎の治療ステップ

歯肉炎はブラッシングによるプラークコントロールを徹底することで改善していきます。ただし、改善したからといってプラークコントロールを怠ると歯肉炎、歯周炎へと移行します。

歯肉炎の治療

このページのトップへ
55

Copyright 2012 横浜市旭区鶴ヶ峰│大橋歯科医院 All Rights Reserved.

オンラインお問い合わせ