一般歯科、歯周病、顎関節症の治療・ご相談は 横浜市旭区鶴ヶ峰の歯科 大橋歯科へ

歯周病治療

歯周病って?

  1. 歯を磨いたときに歯ブラシに血がつく
  2. 朝起きた時に口の中がネバネバする
  3. 冷たいものや熱いものが歯にしみる

などの思いあたる症状があったら、歯周病になっているかもしれません。
自分の口腔内の症状を自覚し、早めに対処することが大切です。

歯周病とは・・・

とことで「歯周病」といってもタイプはさまざま。
歯周病は歯の表面につくプラーク、歯垢(細菌の塊)によって起こります。
歯肉の炎症による出血、腫れを特徴とする「歯肉炎」、歯を支えている歯槽骨が破壊される「歯周炎」があります。
初期にはほとんど症状がなく、ブラッシング時の歯肉出血がある程度ですが、進行するにしたがって、歯肉が腫れ、膿がでたり歯がぐらついて抜けてしまうことがあります。早期発見が大事で、適切な治療により回復します。

歯肉炎と歯周病

歯肉炎 の周りについた歯垢(プラーク)が石灰化して歯に付着します。歯茎がはれ、歯磨き時の出血、歯茎がむずむずしたり痛んだりする、 この症状が出ている段階を歯周炎と呼びます。
歯周炎 茎や歯槽骨が溶け始めている状態になると歯周炎です。歯が長くなったように見えたり、 歯がぐらぐら揺れている状態になっています。この段階になると、治療に時間がかかるばかりか、 最悪の場合歯を抜いてしまわなければなりません。

歯周病を悪化させる原因

周病は、日頃の口のお手入れ不足で歯垢がたまり、それがもとで症状が進行していきますが、それだけではありません。
下記の思い当たる点はありませんか?

  • 歯並びが悪い(口の中の清掃管理がしっかりと行えない)
  • 糖尿病の方(歯周病に対する抵抗力が弱まっている)
  • 喫煙者(血管を収縮させ、歯の周りに栄養が行き渡らない)
  • 歯ぎしり(歯周組織に負担がかかる)
  • 肉体的・精神的疲労(歯周病に対する抵抗力が弱まっている)
  • 薬の副作用
  • ビタミン不足
  • 甘い物が好きな方
  • ホルモンバランスの乱れ

上記の項目は、歯周病の進行をより早めてしまいます。口の中だけでなく、
日頃の生活スタイルに少し気を使うのも、歯周病から口の中を守るための
大きなポイントなのです。

このページのトップへ
55

Copyright 2012 横浜市旭区鶴ヶ峰│大橋歯科医院 All Rights Reserved.

オンラインお問い合わせ