一般歯科、歯周病、顎関節症の治療・ご相談は 横浜市旭区鶴ヶ峰の歯科 大橋歯科へ

歯周病治療

進行が進むとどうなるの?

事が困難になり、最後には歯が抜け落ちてしまう怖い病気。
歯周病により歯牙を失う場合は、その後の治療も困難な事が多いです。

歯肉炎

プラークや歯石が原因で歯肉に炎症を起こします。
歯茎は暗赤色で丸みをおび、腫れてきます。
歯磨きや固い物を食べた時に出血しやすくなります。

軽度歯周炎

歯茎の炎症が進行すると、歯と歯茎の間の付着器官が溶け、歯周ポケットができます。
そして、歯を支えている歯槽骨が溶け始めます。

中等度歯周炎

炎症がさらに悪化すると、歯槽骨が溶けて歯根部が露出し、冷たいものや熱いものが凍みたりする事があります。
歯石が歯周ポケットの奥にどんどん付着して、歯茎が腫れて膿がでてきます。口臭も徐々にひどくなり、歯がぐらぐら動くようになります。

重度歯周炎

歯槽骨の破壊が大きく歯根はほとんど支えられておらず、大きく動揺します。ここまで進行すると、食事が困難になり歯を抜かなくてはなりません。
歯槽骨が溶けてしまうと、入れ歯やインプラント治療も
困難さがともなう場合が多いです。

このページのトップへ
55

Copyright 2012 横浜市旭区鶴ヶ峰│大橋歯科医院 All Rights Reserved.

オンラインお問い合わせ