2017/09/01 歯をリサイクル!?

抜歯した親知らずや、矯正治療の際に抜歯した歯など、通常は医療廃棄物となってしまいますが、ちょっと待って下さい。
その歯、捨てないで下さい!もしかしたら、将来活用できるかもしれません。
歯のリサイクル活用方法についてご紹介します。
続きはこちら

2017/08/01 虫歯予防にチョコレート?!

「歯医者さんが作ったチョコレート」販売をはじめました!
みなさん虫歯を予防することができるチョコレートがあるのをご存知ですか?砂糖をまったく使わず、甘味料100%キシリトールのため、虫歯予防になります。
続きはこちら

2017/07/03 こんな時には、すぐ歯医者さんへ!

定期的に歯科健診や歯科相談を受診してますか?
下記の項目に当てはまる、又は気になる方は歯医者さんで健診や相談を受診してみましょう。
続きはこちら

2017/06/02 口内炎治療には歯科へ!

口内炎は何故できる?
口の中に小さな傷ができてしまうことは、日常茶飯事です。例えば、食事の時に唇や、頬の内側を噛むんでしたったり、鋭い形の食べ物は、口の中や歯肉を傷つけます。
適合の悪い入れ歯や、頬の内側や歯肉に擦れる矯正装置は、口の中を切ってしまうこともあります。また、誤ったブラッシングも、同じ結果をもたらします。
偶然に舌を噛む、唇の内側を噛む事もあります。これら全ての損傷は、口腔粘膜を痛め、口内炎へなる原因となります。
続きはこちら

2017/05/01 妊婦さんのお口の問題

妊婦期のお口の症状は?
妊娠すると食生活が不規則になり、酸性の食品(すっぱいもの)が増えます。
お口の症状は、つわりにより吐いたものに含まれる胃酸が口の中に残りやすく、ホルモン分泌の変化によってだ液が酸性に傾き,ネバネバしてきます。
続きはこちら

2017/04/03 妊婦さんのお口のケア

妊娠中のお母さんはどのようなことに気をつければよいのでしょうか?
1.規則正しく、バランスのよい食事
2.赤ちゃんの歯について
3.むし歯の原因となる「ミュータンス菌」
続きはこちら

2017/03/01 あなたは何回噛んでいますか?

しっかり噛んで食べることは今すぐできる「肥満予防法」です。
しっかり噛んで食べることのメリットは?
続きはこちら

2017/02/01 歯の寿命は?

歯の寿命はどのくらいかご存知ですか?
奥歯で50年前後、前歯で60年前後と、かなり大きな違いがあります。
なぜ奥歯ぼ寿命が短いのでしょうか?
それは奥歯は前の歯と比べると食べ物の残りかすや、磨き残こしが多くあります。そのため、プラークが溜まりやすく、歯へのダメージが大きくなるからです。
続きはこちら

2017/01/06 あなたはだいじょうぶ?〜ドライマウス編〜

ドライマウス(口が渇く病気)が年代を問わず広がっています。軽い症状では、少し口が渇く程度ですが、重症になると話ができない、 味がわからない、舌がひび割れてしまう程です。
続きはこちら

2016/12/02 レーザー治療は痛くない

虫歯の治療は痛くてイヤっ!という方は多くいらっしゃると思います。
レーザーは非常に高いエネルギーをもった人工の光です。日常の生活の中でも多くありますよね。
このレーザーを歯科治療で利用すると、お口の中の雑菌を殺すばかりでなく、出血部分の止血、消毒も行うことができるので、治療後の経過もよいです。
続きはこちら